​Buff®︎(バフ)

 
 
 
 

​from SPAIN

 

Buff®は1992年、スペイン・バルセロナから北西に60キロほど離れたイグアラダにてスタートしました。 当時オートバイレースに出場していたBuff®創設者、Joan Rojasは、もっと使いやすいマフラーを作ろうと、継目の無い新しいヘッドウェアを自分のために開発したのがBuff®の原点。

このシンプルな形状で柔軟性に富んだ道具は、各々の自由な発想を受け入れる懐の広さを持ち合わせています。

純粋にネックチューブやヘッドキャップとして使用する他、バラクラバや汗を拭くためのリストバンド、さらには怪我の応急処置用固定具としても使用することができます。

世界110ヵ国以上で愛されているというBuff®。

今やチューブ型の多機能ネックウェアを総称してバフと言われることもあるくらい、大きなシェアを誇ります。

私たちも長年Buff®を愛用してきましたが、最近は大会や地域ならではのローカルデザインもあることから、ご当地のBuff®を集める楽しみもあり、コレクター心をくすぐります。


奇しくも2020年は新型コロナウイルス感染拡大とともに、口元を覆いながら運動ができるギアとして、バフという名が日本でも広く知られる年となりました。

変わっていく生活の中でも、Buff®は自分らしいライフスタイルを続けるための一助となってくれるでしょう。

Buffアンバサダー星野由香理
 
 
 
 
 
 
  • Facebookの社会的なアイコン
  • Instagram